リペアを画像で詳しく

リペアとは

増毛エクステは自毛の根元に結び付けます。
そして、その自毛が伸びると増毛エクステの結び目も一緒に移動して根元から離れていきます。
その為、根元が再びさみしくなってしまいますし、エクステがひっかかりやすくなります。
ある程度伸びたら、結び目を根本に再び戻して結び直すのがリペアです。

リペアのメリット

つけたエクステを生かすことができ、エクステ代がかからない分、低価格にてご利用頂けます。
また、つけたエクステが自毛のようにずっと髪にとどまり続けることができ、邪魔にならず、毎回エクステをつけなくてもボリュームアップが可能です。

リペアのデメリット

ただとれないように結び付けるリペア方式でない結び方と比較すると、施術が難しく時間がかかり多少取れやすいです。(とれないように結ぶのは簡単ですので時間がかかりません)
またリペアすると結び目ができるので、何度もリペアするとその分結び目が増えていきます。

画像で説明

右側が何もついていない髪です。
左側がエクステがついている髪です。
このように、根元に結んだエクステは髪が伸びると移動します。
3センチ程伸びたらリペアします。

結び目を根元に移動し、結び直しました。(リペア)

結び目も根元にあると、どこにあるか分からないほど目立たなくなります。
非常に小さいので分かりづらいかもしれませんが、前回の結び目が残ります。
3回リペアすれば、この結び目が3個できることになります。

画像でもお分かりいただけたかと思いますが、
リペアは結び目ができますが、非常に小さく、見た目では全く分かりません。
触ると多少つぶつぶが感じられる程度です。

こちらは、リペアを2時間したBEFORE AFTER画像です。
このようにある程度エクステがついている場合、
リペアだけでエクステをつけたかのようにボリュームアップが可能です。
リペアはおおよそ3か月に1回できますので、初め満足するまでエクステをつけていき、それ以降はリペアと取れた分の付け足しだけでよくなりますので、リペア方式の増毛はコスパに優れています。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です